レッドウイング ベックマン9014|加水分解ソールを交換・カカト修理

お問い合わせはこちら

ブログ

レッドウイング ベックマン9014|加水分解ソールを交換・カカト修理

2020/07/10

こんにちは!

岡山靴修理工房コビットのブログをご覧くださいましてありがとうございます。

 

この前靴を買いに三宮まで行ってきて、新しいスニーカーを買ったんですが...雨降りの日が多くて履いてない😢

早く梅雨が明けてほしいものです

 

さて今回はレッドウイングベックマンの加水分解したハーフソール交換とカカト修理のビフォーアフターをご紹介します。

 

〈Before〉

程よく履き込まれたレッドウイング・ベックマン9014

加水分解するとソールがひび割れて欠けていきます

加水分解したハーフソールを削って剥がしました

ステッチも縫い直す為、古い糸は取り除きます

VIBRAM2333モルターラソール

元のデザインに近いVIBRAM2333モルターラソールを貼り付け

〈After〉

縫い直しました

一緒にカカトも交換しました。VIBRAM700ヒール

ベックマンの品番が 【9011】【9013】【9014】【9016】の場合は

旧モデルですので、加水分解する恐れのあるモデルです。

 

レッドウイングのHPを観ると現行モデルの【9411】【9413】【9414】【9416】は

米国内の自社工場での製造に変わりソールの前半分の素材がラバーに変更されています。

 

お持ちの品番が何番か確認してみてくださいね

 

修理代金は

VIBRAM(ビブラム)2333モルターラソール ¥3,500(税抜)

縫い直し ¥3,000(税抜)

Vibram700ヒール ¥4,500(税抜)

納期は約1週間~となります。

 

Vibramソールに変えることで加水分解しないので安心して履いていけれます

 

最後まで見ていただきましてありがとうございます。

 

岡山市北区表町1-9-4

Repair Kobo kobbit

営業時間 10:30~18:30

定休日 火曜日 7月13日